©(有)タイムプロジェクト

売却の流れ

スマートに売ろう。


売却のご相談 ・ ご依頼 → 査定 ・ 査定額の提示 → 合意 → 媒介契約の締結

・ まずはお客様のご要望 ・ お悩みをお聞かせください。お客様がご売却を考えられる動機や目的によって、ご売却方法 ・ ご提案内容が変わってくるからです。
ご売却のご相談やご依頼を頂きましたら、まずは物件を拝見させていただきます。その際、現在の市場の動向や価格の設定ご売却のタイミングまた、売主様のご事情に合わせた販売方法などのご提案をさせていただきます。
お客様が仲介をご依頼する場合は当社と媒介契約を結んでいただきます。媒介契約を交わすことで当社で販売活動が可能となります。媒介契約の種類には専属専任媒介契約 ・ 専任媒介契約 ・ 一般媒介契約の3種類があり、いずれかをご依頼主様が選択することができます。当社では約9割の方が専属専任契約と専任媒介契約です。
媒介依頼をいただきましたら、物件の情報を不動産流通機構 (レインズ機構) に登録いたします。登録した情報は即日、日本全国約9万件の会員に公開されます。専属専任媒介契約は国土交通大臣がすすめている媒介契約方式となります。

販売促進活動 → 物件案内 → 購入のお申し込み → 条件交渉

・ 売却のご依頼を頂きましたら早期売却をするため、お客様の物件をインターネットや折込チラシなどの媒体を通じて総力をあげて売る主様のために販売活動を行います。
ご案内の結果、購入希望者からご購入のお申し込みがありましたら、ご契約に向けての交渉をさせていただきます。条件が合意いたしましたら、売買契約の運びとなります。

不動産売買契約 → 決済 ・ 登記手続きなどの各準備

・ 契約が成立しますと売買契約前に買主様に対して、購入物件の内容や詳細、取引条件等について重要事項の説明をいたします。
重要事項説明が済めば、売主様と買主様がお互いに十分ご理解頂いたうえで、売買契約書の内容を確認していただき、売買契約締結後に買主様より手付金を受け取っていただくことになります。
売主様の物件に抵当権が設定してあれば引渡し日の2~3週間前に借入金の返済の申込み手続き、各種書類の準備、引越しの手配などを行います。

残金決済 ・ お引渡しなどの確認

・ 買主様から売主様に残代金を支払います。住宅ローンの残債があれば完済し、抵当権の抹消登録申請を司法書士に依頼いたします。
各種関係書類 (所有権移転登記に必要な書類) 住民票 ・ 印鑑登録証明書 ・ 権利書 (登記識別情報) ・ 委任状を司法書士にお渡しします。仲介料などの諸費用を支払います。
また、お引渡しの前日または当日に、お引渡しできる状態になっているかどうか現地の確認をし、残代金の受領と同時に、売主様は買主様へ物件の鍵を引渡します。管理規約、パンフレット、建物付帯設備の取扱説明書などがある場合は、合わせて買主様にお渡ししましょう。

不動産の買い取りについて

不動産を売る方法には一般的な 「売却」 と、業者による 「買取」 の2種類があります。
不要になった不動産や不動産を早期現金化したい場合、即金にて不動産を買取ります。
1.査定 → 2.売買価格の提示 ・ 決定双方合意 → 3.売買契約 → 4.買取 ・ 物件の引渡し
以上の流れで換金の手続きさせていただきます。

  • 1.売却物件の査定をさせていただきます。

  • 2.買取価格の提示をさせていただき、買取条件が双方合意のうえ決定します。

  • 3.買取の売買契約を結びます。

  • 4.買取 ・ 売買代金の支払い ・ 物件の引渡し。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now